みんなの金融リテラシー

ファイナンシャル・サッカーに挑戦!

ゲームであなたの金融知識をテストしてみましょう。このゲームは選択肢から答えを選ぶ質問ゲームの形式をとっています。

消費者のプライバシー

この情報時代、なぜプライバシーが重要な課題なのだろう?金融機関が情報を共有する理由は、より良いサービスを提供するため、新製品を紹介するため、さらにあなたに関する情報から利益を上げるためなど、多々ある。実際、銀行やその他の金融機関からプライバシーに関する通知等を受け取っているはずである。これらの通知等は、1) 当該企業がどのような個人情報を収集するか、2) 当該企業があなたの個人情報を収集、利用する目的、3)当該企業があなたの個人情報を第三者と共有する意図があるかどうか、4) 当該企業があなたの個人情報を第三者と共有する意図があるかどうか、さらに5) 当該企業がどのようにあなたの個人情報を保護しているか、を説明している。

情報プライバシーはなぜ、慎重な対応が必要な課題なのだろうか?

  • 情報は非常に貴重なリソース!
  • 今日の社会において情報にアクセスできるおかげで消費者は多くの恩恵を受けることができるが、同時にプライバシー侵害の脅威にもさらされている。

どのような種類の情報が公に入手できるだろうか?

  • 人口動向(国勢調査)
  • 電話番号案内
  • 選挙人名簿
  • 選挙献金
  • 自動車検査登録情報
  • 一部の資格および営業許可等(不動産業、医師など)
  • 法的情報(判決、破産、不動産の権利など)

限定的かつ正当な目的のみに使用できる私的な情報:

  • 雇用情報
  • 信用報告書
  • 税務情報(国税、地方税)
  • 犯罪記録
  • 社会福祉記録(生活保護、児童扶養手当など)
  • 学歴、学業記録
  • 医療記録
  • 出生、本籍地に関する情報
  • 変更/修正記録