みんなの金融リテラシー

大学生のための金融リテラシー教育

大学で実際に行われた授業から、金融リテラシー教育の取り組みを紹介します。

車の購入

車の購入には一大決心がいる。購入するためには何が必要なのか、購入するとどういうことが必要になるのか、しっかりとしたプランやリサーチをしていないと、知らない間に深みにはまっていたりすることになる。ただ、事前にきちんと手続きや購入に必要な資金を確認しておけば、車の購入はずいぶん楽になる。

金銭的にに購入可能かどうか?
車を選ぶ前に、まず、自分自身の予算を確認し、無理をした倹約生活や、貯蓄を切り崩したりということをせずに、車の購入にいくら使えるのかを把握することは非常に重要。予算計画がないなら、まずはそれを作ることから始めよう。月々の車のローンでどのくらい払えるのか?ガソリン代やメンテナンス等の諸経費にいくらかかるのか?

諸経費は、新たに購入する車にかかる月々の費用の1/3から1/2程度になることもある。毎月の支払い予定の金額に0.66をかけて把握してみよう。資金計画的には、多くても諸経費をその程度に抑えることが重要である。

頭金
自動車購入の頭金をいくら必要なのだろうか。多ければその方がよい。自動車ローンを組む場合、頭金が必要となってくる。頭金を多く支払えば、毎月の支払いも少なく済み、ローンで支払うトータル金額も少なくなる。ただ、あまりにも多く頭金を支払って、普段の生活が立ち行かなくなったり、預貯金がすべてなくなったりということがないようにしておかないといけない。頭金をいくらにして、いくらをローンで借り入れるのか、バランスを考えよう。